お金

【約4万円】美容院代削減に成功した話

美容院代って
かける人とそうじゃない人
結構差が出る項目です。

はろうぃん

今年は去年と比べて約4万円
削減できる見込みだよ

4万円は大きい・・・!

見直したキッカケ

多くの人が影響を受けたであろう
コロナウイルス。

当時働いていた派遣先で
何だか不安定な兆しを察知。

自宅待機中に
出費の見直しをしたのが
キッカケでした。

格安simでスマホ月額1,000円以下を実現スマホ代は固定費。固定費削減は持続可能な生活、シンプルライフには欠かせないことです。...

一番かかっていた原因に着手した

はろうぃん

内訳を分析したら
あることに気が付いたよ

年間8万円ほどだった
美容院代。

世の女性の美容代平均を
調べてみました。

美容室編/【都道府県別】 20代・30代女性の美容意識・実態調査2021

(株)リクルート
ホットペッパービューティーアカデミー



そしたらなんと・・・

自分の美容代、
「平均額のおよそ2倍」かかっていました。

はろうぃん

これには結構驚いた!



美容室]利用率(過去1年)/利用金額・年間利用回数
(※上記リンク5ページ)


これを照らし合わせてみたら
利用金額 (過去1年)
¥31,259


年間利用回数
3.69 回


だそうです。

私の年間利用回数は8回。
(約2倍ですね)

ヘッドスパが好きで
年に2回はオーダーしていました。

それと一番費用が掛かっていたメニューは
縮毛矯正

アレコレ考えた末
この2種類を止めることに。

一番気にしているのは自分自身

癖っ毛がイヤで
さらさらヘアーに憧れて
高校生から縮毛矯正を
切らしたことはありませんでした。


朝のセットもラクだし
さらさらヘアーなだけで
ちょっとイイ女感が出てる気がしました。

でもそれって
自分自身が一番気にしているだけで
多くの人は
私が直毛だろうが
癖っ毛だろうが
好感度が上がるわけではないんですよね。

特にアラフォーにもなってくると
「中身を磨く」事の大切さを
しみじみ感じる。

高いバックを持つとか
流行りのブランド服を買うとか
そういうのと同じ類に感じてきました。

止めることで必要性を見直ししよう

ここ半年は
近所のカット専門店に
お世話になっています。

1回2000円。

ショートカットにしました。

シャンプーも断捨離して
今は湯シャン&時々石鹸シャンプーのみ。

何ら問題ありません。


むしろ「パーマ?イイ感じだね」
なんてくせ毛を褒められたりすることもあり

止めることで見えるものがあるなあと
感じたのでした。



湯シャンについては
またどこかの記事で綴ります。

8万円だった美容代は
今年は4万円以内に収まる計算。

来年はその半分の2万円位になると
予想しています。


もちろん、
浮いたお金は「金融投資」や
「体験するための投資」に充てます。

ビットコインとイーサリアムを始めた時のこと 仮想通貨を持っている人、私の周りにはいないんです。なぜビットコインとイーサリアムを買ったのか? はろうぃん 今回はお金の話をし...

年齢とともに変わる価値観

美容院で美容師さんとおしゃべりしたり
サラサラになった髪の毛に
ルンルンしていて
それが最高の使い道だった時期もありました。

今でもそのルンルンは変わらないのですが
優先順位が変わりました。

最高のサラサラヘアーよりも
旅行に使いたい。

ただそれだけです。

年齢とともに
細かな価値観は変化していきますので

いつでも「今の自分にとって、心地よいお金の使い方は?」を問いながら
楽しく人生を歩みたいなと思っています。


ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

プロフィール はろうぃん このブログのテーマは「豊かな人生」 お立ち寄りありがとうございます。ミニマリスト見習い、はろうぃんです。わたくしの...



関連記事