新着

結婚式は必要か?挙式体験談_前編

結婚式は理想を全部詰め込みたい

自分が主役になれる
華やかな儀式と言えば結婚式ですよね。

同時に、相手や家族の意見に左右され
揉めたり頭を悩ませることも。

大きな出費が出る冠婚葬祭。
今回は私が実際に式をして
感じたことを綴ります。

はろうぃん

ちょっと長いけどミニマムに綴るね

まずお金の話

いきなり具体的に発表すると
式にかかった費用は約100万円くらいでした。

私たち夫婦が式を挙げたのは
今から7年前です。(平成ですね)


使ったのは「スマ婚」という所で、
当時は「費用を抑えて式が出来る」と
話題になっていました。

「小さな結婚式」という所もありましたが
スマ婚の方が少し優勢だったので
コチラを選びました。

※2021年に改めて調べたら
どちらの会社も存在していました。

では実際、結婚式っていくらくらいかかるの?

結婚式の費用は平均で274.4万円です。この金額は実際にユーザーによって投稿された費用明細から算出しています。招待人数や挙式の内容によっても金額は大きく変わってきますのでご注意ください。

weddingparkより引用

いま改めて見ると
半額以下で出来たんですね。


まあ、平均って言っても
凄い富豪とかも含まれているでしょうから
あまり参考にならないかもしれません。

パートナーとのすり合わせ

うちは有難いことにあまり揉めなかったです。
「はろうぃんの思い出になるなら」と
旦那自身はどっちでもいいよというスタンスでした。

ただ、準備をしていく中で
グレードを上げたくなる瞬間がいくつかあって
そこは「必要ない」「今のグレードでいい」と
たしなめられたのを覚えています。


具体的には

  • お色直しのドレス
  • 手に持つ花のランク
  • 当日の写真プラン

ですね。

その時は私も舞い上がっており
「一生に一度なのにケチ!」みたいに
言い返したんですけど、
今考えると感謝です。

大事なのは式よりも
そのあとの生活ですしね。


旦那両親・はろうぃん両親とのすり合わせ

義理のお母さんはとってもいい人で
結婚前からとても良好な関係でしたし
ドラマのような泥沼はありませんでした。

結婚式に関しても
「上げてくれるだけで嬉しいわ」
と、どんな形を取るか
特に口を挟まれることは無かったです。

義理の父もさっぱりした性格で
堅苦しいのは苦手な方です。

小規模の結婚式で
良かったのではないでしょうか。


実父も同様でした。
(母は他界しているので父だけ)

というように、
もめがちな両親・義理両親問題はなく
スムーズにクリアしました。

親族のみの式にしました

当時は親族のみの式というと
「シンプル」な部類でしたが、
令和の現在は感染症の事もあり、
縮小傾向にあると思います。

結婚式は自分だけじゃなくて
育ててくれた両親や周りの方々へ
感謝を伝える私的な儀式だと思っています。

儀式・・・というと堅苦しいですが
誰でも感謝を表現されて嫌な人はいません。

式を挙げる前は
「自分が主役の式典」
という想いが強かったのですが
準備をしていくうちに
変わっていきました。

今思い出しても良い思い出です。


ただし、
「もう一回挙げるとしたら」



無駄だったなぁとか、

地味に大変だったことがあります。


後編ではその辺のホンネを綴ります。


ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ








関連記事